イメージ画像

フランチャイズ店舗で低予算の開業

店舗のオーナーになる方法はさまざまな方法があります。個人で開業するには、開業資金もさることながら、一から始めることのリスクが伴うので、よほどの覚悟がないとなかなか出来ない事です。
目指している業態にもよりますが、代表的なところで飲食店を例にとって考えてみた場合に、フランチャイズ店舗のオーナーになることから始める方法があり、将来の個人開業に向けたステップアップとして考えることができます。
大手の飲食チェーンなどは、ビジネスモデルが確立されており、そのノウハウを吸収するだけでも勉強になります。

★フランチャイズ比較ナビ:http://www.fc-hikaku.net/

フランチャイズ店舗のオーナーになるための開業資金は、個人で開業するのに比べ低予算で始めることができます。それは店舗運営に必要な什器などが親会社から支給またはリースされるので、初期投資として必要な資金が限られるからです。
ブランドを借りて商売するので、はじめにブランド使用料を支払うようなイメージです。

将来個人的に開業を目指しているならば、フランチャイズオーナーのときに盗めるだけノウハウを吸収して活かすことができます。オーナーという立場でひと通りの店舗経営スキルは身につくでしょう。
夢が大きい人ならば、将来自分が大手チェーンのように店舗を広げていくことも視野に、目標を設け経営していくこともできます。
試しオーナーのようなイメージを持たれてはいけませんので断っておきますが、決して保証されているものではないのでオーナー制度であっても経営の責任はあり、やり方次第ではリスクも負うことになるので覚悟は必要です。